病気の際に年金を受けるのに必要なことを書いていきます

サイトメニュー

精神病でも年金が受給可能

悩み

精神病の場合の手当て

病院を受診してうつ病と認定されれば、障害年金が貰える可能性があります。うつ病の認定基準は1〜3級まで等級が設定されており、何級かによって貰える金額も変わります。障害年金の種類は障害基礎年金と、障害厚生年金、障害共済年金に分けられます。自営業やフリーター、主婦などは障害基礎年金で、公務員ならば障害共済年金、会社員は障害厚生年金が貰えます。どの種類の障害年金に該当するかは、病院の精神科で初めて診察を受けた際に加入していた年金で決定します。申請するには正式な書類を用意して提出しなければならず、種類ごとに申請書類も違うために、自分がどの種類の障害年金が貰えるのか把握することが大事です。書類を提出する役所は年金事務所で、基礎年金の場合には自治体の役所でも受付けています。年金事務所で書類を提出して申請を行ったとしても、必ず障害年金が貰えると決まっているわけではありません。申請をしてから審査で受給できるかが決まります。申請の手続きを完了させるまでの手順があるので、予め方法を調べて手順通りに手続きを進めることが重要です。
うつ病が原因で貰える障害年金の額は、加入している年金の種類で金額に差が生じます。等級ごとにも受給金額に違いがあり、障害基礎年金ならば1級で月額約8万円、2級で月額約6万5千円です。障害基礎年金には3級はありません。障害厚生年金の場合は、1級で月額約11〜12万円、2級で約8〜10万円、3級で約5万円受け取れます。請求すれば必ず受給されるわけではなく、年金事務所で手続きを行って審査に通過することで障害年金を受給できます。うつ病に認定されるには、精神科に行って受診状況等証明書や診断書を受け取る必要があります。うつ病での障害年金の手続きを完了させるまでには、2〜3か月程度の期間がかかるのが一般的です。精神科の先生に正しく自分の症状を伝えることが重要で、日常生活の中で生じている問題点やトラブルはメモして正確に先生に訴えましょう。うつ病が原因で自分が抱えている問題を、主治医に理解してもらえるように努力しなければなりません。身体障害とは異なり、精神的な問題ははっきりと目に見えるものではないために、診察を行う医者の判断に左右される点を理解しましょう。