病気の際に年金を受けるのに必要なことを書いていきます

サイトメニュー

公的年金で仕事にゆとり

聴診器

受け取れる資格がある

会社の肩書きが無くなったら、これは仕事一筋だった人が定年退職後に生き甲斐を喪失して、うつ病に陥ってしまう典型的一例です。精神科・心療内科医によれば、定年前うつ病が増加しているようです。定年後の人生に対する不安が精神的ストレスとなり、うつ病を引き起こすといいます。サラリーマンなら誰にでも定年はやってくるため、その後の生活についてのビジョンを考えなければなりません。障害年金は公的年金制度であることを知っておきましょう。障害というリスクに備えた保険でもあり、受給したのなら返却する必要も、何かしらの制限もかかりません。年金を納付していない期間が多いことで、受給できないと誤解している人もいます。権利を主張できる納付の条件を知っておきましょう。例えば、初診日の前日において、初診月の前々月までの直近1年間に年金保険料の未納がなければ大丈夫なのです。想像する以上にハードルが低いと感じられるのではないでしょうか。納付していないという方でも、うつ病を発症したことで意識が散漫になり、実は自分では記憶していないだけで、免除申請を行っていた期間があったことで障害年金を受給できることさえ考えられます。まずは、慌てずに確認してみましょう。
うつ病に罹患して長期の休職を余儀なくされたり、適した療法により回復の兆しが現れて復職をしたものの、再発しないための治療で通院が必要となったりするケースがあります。再発を防ぐための維持療法となる抗うつ剤投与後は、体調の変化が大きく休まざるを得ないなど、就労(就学)に支障があるケースもあります。加えて、うつ病の人は人間嫌いになっている反面、本音は社会との繋がりを無くしてしまう不安ももらしています。障害年金を受給するということは、社会面から考えれば、休みがちな人を同じ労働条件で雇用する「負担」が生じる可能性が否定できません。患者は周りに対して迷惑になる、「心理的負担」も出る可能性もあるでしょう。障害年金とは、病気によって仕事が制限されるようになった場合に受給できる年金ではあります。しかし、公的援助を確保しても「職場の理解」が壁になったり、体調や治療に応じた就労(就学)を会社側と話し合うことが必要になったりするかもしれません。これらを認識して、堂々と通院時間を確保できる短時間休暇などの請求(交渉)ができることが重要です。精神科・心療内科医によれば、負い目を感じてしまう、そうした難点が受給者には多いことを挙げています。