病気の際に年金を受けるのに必要なことを書いていきます

サイトメニュー

遡って請求できる

聴診器とハート

辛いときは専門家に任せて

障害年金を請求できるようになるのは、うつ病で初めて医療機関を受診した日から1年6ヶ月経過した日です。もちろんこれ以上時間が経っていても、本人が生きている限りは受給権があり、初診日より2年以上経ってから請求することを遡及請求と言います。しかし、障害年金の申請が通っても、5年以上前の分を支給することはできません。受給資格が認められる権利を基本権とし、こちらは時効がありませんが、実際に受給する権利である支分権では、5年の時効が定められているからです。障害認定日から6年後に認定された人は、直近5年分は支給され、それより以前の1年分は支給されないということです。遡及請求するときは、初診日の確定はもちろん、障害認定日から3ヶ月以内の症状を記した診断書が重要になります。障害認定日とは、うつ病の初診日から1年6ヶ月経過した日のことです。診断書の作成にはお金がかかるので、保険料の納付要件を満たしているかどうか確認してから申請してください。満たしているか否かは、年金事務所で調べられます。
うつ病は、考えがまとまらなかったり集中できなかったりする病気です。何かの手続きをするのは辛いという人も多いでしょう。そんなときに力になってくれるのが、社労士です。社労士は社会保険労務士のことで、労働関係法令や社会保険法令に精通し、会社に代わって各種書類の作成や届出などを行う専門家です。社労士は労働関係のプロであるわけですが、中には障害年金に精通した社労士もおり、うつ病の人に代わって障害年金の申請を行ってもらうことが可能です。社労士事務所は、ネットで検索したり紹介会社を利用したりして探すのが一般的です。障害年金を申請するには、何度も年金事務所に通って担当者とやり取りをする必要があります。うつ病の症状が重く、人の話を理解するのが難しくなっていて協力を仰げる家族などがいない人は、社労士に相談してみると良いかもしれません。社労士に任せれば書類作成や年金事務所とのやり取りのほとんどをしなくて良くなるだけでなく、申請が通りやすくなるケースもあります。また、一度申請を却下された人も社労士がやり直すことで申請が通ったケースもありました。