病気の際に年金を受けるのに必要なことを書いていきます

サイトメニュー

診断書などの書類が必要

看護師

病気が長引く場合は、申請をしてみよう

うつ病は憂鬱な気分が長く続いたり、意欲や気力が減退したりする病気なので、日常生活や仕事に支障をきたすことがあります。精神神経科の病院やクリニックで、カウンセリングや投薬などの治療を受けているけれど、辛い症状がなかなか改善しないと悩んでいる人が増えています。通勤が出来なくなり、経済的にも不安を感じている人が多いです。うつ病は日常生活に支障をきたしていたり、食事や入浴、着替えなども介助がないと出来なくなっていたりするケースもあります。うつ病は障害年金の支給の対象になっており、日本年金機構の一定条件に満たしている場合は、支給の対象になります。医師の診断書や病歴、就労が出来ないことを証明する書類の提出が必要です。書類を提出すると、受理されるのではなく、一定の基準を満たしている人だけが支給を受けることが出来ます。障害年金1級の場合は、長期的な入院が必要になっており、洗面や入浴、着替え、食事なども人の介助が必要です。日常生活に大きな支障が出ている場合に支給されます。
うつ病の障害年金は、1級、2級、3級がありますが、1級の場合は長期の入院治療が必要なケースがほとんどで、内服薬やカウンセリングを受けていても、症状がなかなか回復できない状態です。2級の場合は、入浴や着替え、食事などは介助が必要ではないけれど、デイケアやグループホームを利用していたり、就労するのが難しいと判断されたりした時に支給されることが多いです。3級の場合は、うつ病の症状は見られるけれど、日常生活は普通にできる状態で、週に3、4回の勤務が出来る状態の人が多いです。3級の場合は障害年金は支給されないですが、障害者手帳は発行してもらうことは出来ます。うつ病が原因で、日常生活や就労に支障をきたしている場合は、1級や2級の障害年金が支給されることが多いです。現代は以前に比べると、心の病気に罹る人が増加傾向にあるので、日本年金機構の一定の条件は厳しくなっています。まずは診断書や必要な書類を準備しておき、申請をすることが大事です。障害を認めてもらうことで、経済的な不安を減らすことが大事です。