病気の際に年金を受けるのに必要なことを書いていきます

サイトメニュー

完治のためにも資格を得る

女性

受給できる安心感

うつ病単独だけでなく、複数の精神疾患が併存するケースでも障害年金の受給資格を得ることができます。もちろん、等級も格上げされる可能性大です。しかし、就労していることにより障害状態を軽度と判断されることも無きにしも非ずで、腕の見せ所は社労士、主治医などによる請求書類の内容、申し立てとも捉えられています。この場合、認定審査の間違いを減らすことにもなり得るので、実績あるプロに依頼しましょう。うつ病も軽視されやすく、賢い選択が必要です。例えば、休職してから退職という流れであれば、傷病手当金を受給し始め、退職後も引き続き受給しましょう。もらい始めてから1年6ヶ月間、障害年金と差額分の傷病手当金をもらうこととします。今、在宅でできる仕事を探している患者も少なくありません。その場合には、障害年金と給与をもらえばいいわけで、そのための請求をしておいたことにより、もらえる権利があり、生活において選択肢が増えるはずです。基本的に、仕事の継続が難しくなれば傷病手当を受給、それでも治らなければ引き続き障害年金を受給します。しかし、考え方として、仕事を何とか継続して、その中で収入が減った分を障害年金で補填していく考え方もできるのです。
精神科・心療内科、精神科ソーシャルワーカーや社労士経由で、障害年金の申し込み、請求手続きを行うこともあります。うつ病は状態によって軽視できないケースさえあるため、障害年金の受給資格が得られるのかを確認しておきましょう。資格は、各等級に該当することが前提です。重たいほうから1級・2級・3級と設定されていて、3級よりも軽い障害であるならば、傷病手当金の支給になるようです。いわゆる「うつ病」ではなく「軽症うつ」です。手当だと、1年6ヶ月で打ち切りになるため、障害年金の資格を得るための仕組みを理解しましょう。たとえ、傷病手当レベルの状態であったにしても、それが治癒していない(症状が固定していない)時には、3級の障害厚生年金として支給を受けることができます。ですから、働きながらうつ病と向き合う場合でも十分に該当します。繰り返しにはなりますが、3級の場合には働くことは働けるが、健常者と同じようには働けない状態で等級該当することを念頭に入れましょう。3級の資格を得た事例としては、リハビリ勤務が該当しています。当面は1日4時間、仕事量もごく少なく、軽易な仕事を周囲のサポートを受けながら行うことで申し立てして、審査で想定通りの資格を得ています。