病気の際に年金を受けるのに必要なことを書いていきます

サイトメニュー

完治のためにも資格を得る

女性 障害年金を受給できるか否か、資格には審査があります。等級も軽ければ該当しないため、どこがボーダーラインなのかを確認しなければなりません。併せ技とはいかずとも、傷病手当も上手く活用しながら、障害年金を受給し、うつ病を治しましょう。

詳しく見る

公的年金で仕事にゆとり

聴診器 精神科医や心療内科医によれば、うつ病の回復には社会との繋がりが途切れないことを挙げています。患者も障害年金を受給していることを負い目と考えずに、復職できるように、回復を目標に治療に励むことが必要といえます。

詳しく見る

精神病でも年金が受給可能

悩み うつ病の認定を受けるには、精神科の医者に診断してもらう必要があります。うつ病でも障害年金が貰える場合があり、障害基礎年金と障害厚生年金、障害厚生年金の種類があります。等級は1〜3級に分かれていて、貰える金額も違います。

詳しく見る

診断書などの書類が必要

看護師 うつ病は長引くと、日常生活や就労などに支障をきたすことがあります。日本年金機構の一定の条件を満たしている場合は、障害年金の支給が受けられるので、経済的な負担を減らすことが出来ます。申請をするためには、医師の診断書などの書類の提出が必要です。

詳しく見る

遡って請求できる

聴診器とハート 障害年金は初診日から1年6ヶ月経過していればいつでも請求する権利があり、それを遡及請求と言います。障害認定日から3ヶ月以内の症状がわかる診断書が必要です。うつ病の症状が重く申請が大変だという人は、社労士に代行を頼むのも一つの方法です。

詳しく見る

病気の場合の年金について

悩む女性

うつの際に利用可能な年金を紹介します

うつ病は非常に多くの人がかかる病気と言われていますが、これになった場合は障害年金を受けられる可能性があります。そして、この種の年金としては自営業や学生などに対する障害基礎年金とサラリーマンや公務員などが受ける障害厚生年金の2種類が存在します。年金を受給する場合には状態の程度が調べられますが、日常生活で介護が必要であったり自力での生活が困難だったりするならばどちらでも年金を受けられる可能性は高いと言えます。これに対して日常生活での症状はそれほど著しくなくても、労働の方で制限が出てしまうような状態の場合は年金を受けることになるのは後者だけです。ですから、うつ病であっても自分の場合はどちらであるかということと、年金が得られるほどの重い症状があるのかということをよく考えて申込をした方が良いでしょう。また、障害年金を申込む場合には医師の診断書の他に自分で現在に至るまでの症状を作成する必要があるので、しっかりとその内容について書いていくことが大切です。さらに家族などの周囲の人達がどのような援助を行っているかに関しても伝えなくてはならないので、人間関係に関してもよく考えるべきであると言えるでしょう。
うつ病では生活や仕事に影響が出て障害年金の申込を行ったとしても、年金を受けられないようなことがあるので注意が必要です。そんな場合としては医師がこの申込が必要な状態だと考えずに診断書を書かなかったり、診断書を書いても大変であることが感じられない内容であったりすることなどが挙げられます。また、自分で書く症状の場合には、初診日から現在に至るまでの状態を大雑把に伝えてしまったりエピソードを全く作成しなかったりで受給にならなかったこともあります。さらに初診日の前まで十分に保険料を払っているか免税になっていることが必要なので、そのような条件でないために受け入れられない場合も存在します。この他では、現在が障害厚生年金でも初診日に加入していたのが障害基礎年金であればそちらの方の年金制度ということになり、希望している受給ができないこともあります。以上のようにうつ病の際に障害年金を受けたい場合にはそれが可能にならないことも色々とあるので、注意事項をよくチェックしておくことをお勧めします。